NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 小腹がすいたら ケールのおやつ(2019年1月15日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2019年01月16日

小腹がすいたら ケールのおやつ(2019年1月15日放送)

ちょっと小腹が空いた時にお薦めの一品、今日はケールを使ったおいしいおやつを紹介します。
今がまさに旬のケール。

ケール

地中海沿岸を原産とし、古くは江戸時代から日本でも食されてきた、美容と健康の強い味方です。
このケールを「おやつ」として美味しく食べる方法を、タマチャンショップ都城本店で聞きました。
教えてくれたのは、ローフード王子こと東 裕一さんです。

東さん

ケールはビタミン、カルシウム、ミネラルが豊富で、野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高い野菜なんです。
Q:そんなに良いなら是非とも食べたいと思いますが、どうやっておやつにするのですか?
A:ローフードの調理法で、チップスにします。

ローフードとは

ローフードとは熱に弱い酵素を効率よく体に取り入れるため熱を加えない食事法、または生のまま食べることができる食材のことです。

ケールチップス

まず、ちぎったケールに味付けをします。
パプリカやカシューナッツなど生の野菜やナッツを使ってソースを作りたっぷりしっかり馴染ませます。
それではこれを、こちらの秘密の箱に入れます。
チップスというと一般的に油で揚げるイメージがあると思いますが、油で揚げるかわりにローフードの場合はこちらの秘密の箱を使います。

乾燥機でつくる

実はこちら、乾燥機なんです。
酵素が壊れない48度以下の温度で24時間パリパリに乾燥させておいしいチップスを作ることができるんです。

こちらはチーズ味です。
ケールの旨みも残しつつ小さいお子さんでも食べやすいように味付けしています。
チーズ味のほかカレー味もあります。

ケールの青汁

今日はケールでもう一品、美味しい青汁を作りました。
全然苦くない!おいしいです。これならたくさん飲めますね。

材料はケール、りんご、パイナップル、レモン、しょうが。
りんごの甘みでフルーティに仕上がります。
しょうがで代謝もアップ、冬に飲みたい青汁です。

東さん

ケールはまだまだ馴染みのない食材ですが、チップスにしたりジュースにしたり、おいしく食べながら体の中からキレイになっていただけたらと思います。
美味しくて栄養たっぷりのケールを食べて小腹美人を目指しませんか?

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン