NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2019年07月18日 11時45分

昼過ぎにかけて激しい雨の恐れ 宮崎県

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、宮崎県内では、昼過ぎにかけて局地的に激しい雨が降る恐れがあります。

18日の県内は、暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、18日の朝にかけて激しい雨が降りました。

各地の1時間の降水量は、国富町で49.5ミリ、都農町で41.5ミリ、宮崎市で40.5ミリとなっています。

この雨の影響で、夏の甲子園宮崎大会は、18日予定していた4試合が19日以降に順延となりました。

また、北部平野部では、昼過ぎにかけて激しい雷雨のところがあるため、落雷や竜巻などの突風に注意してください。

今後、台風5号の接近に伴い、週末にかけて大雨となるおそれがあります。
最新の台風情報や気象情報にご注意ください。

Top