NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2021年06月10日 11時53分

クサフグが産卵 子どもたちが観察 宮崎県延岡市

延岡市の海岸では、9日、クサフグの群れが産卵し、子どもたちが自然の営みを観察しました。クサフグは、毎年、春から夏にかけて、大潮の前後、満潮に合わせて産卵します。9日は延岡市鯛名町の海岸で延岡市や宮崎大学による産卵の観察会が開かれ、地元の児童や市民など約20人が参加しました。午後4時半ごろからクサフグの群れが波打ち際に集まり、メスが卵を産むと、無数のオスが激しく身を震わせ、受精させていました。産卵は波打ち際のいたるところで行われ、周囲の海面は白く濁っていました。(参加した児童は)「今日、初めて見たのですごかったです。環境が最近は汚くなっているから、自分たちも気をつけたいし、元気で育ってほしいです」クサフグの産卵は7月頃まで見られるということです。

6月15日(火)

6月14日(月)

6月11日(金)

6月10日(木)

6月9日(水)

Top