NOW ON AIR !

番組表
HOME FNS チャリティキャンペーン

FNS チャリティキャンペーン

FNS チャリティキャンペーン

2019年度支援国 ウガンダ共和国

FNSチャリティキャンペーンは2019年度、ウガンダ共和国の子どもたちを支援します。

ウガンダは、東アフリカに位置する赤道直下の内陸国で、かつて英国のチャーチル首相が「アフリカの真珠」と呼んだことでも知られる、山、川、湖、滝に加え、多様な動物が生息する大自然に富む国です。面積は日本の本州とほぼ同じ約24万平方キロメートル、人口は41,488,000人です。18歳未満の人口の割合が、ウガンダは世界で2番目に高い国で、総人口の半数以上が子どもです。18歳未満の人口のみで比較すると、日本より200万人多い、22,807,000人に及びます。人口の年間増加率は3%超で、2050年までには、人口は約2.5倍、1億人に達すると見込まれています。

ウガンダでは国民の3人に1人以上が国際貧困ライン以下(1日1.9ドル以下)で生活し、貧困から抜け出せた人でも3人に2人は貧困に逆戻りする脆弱性を持っています。特に北部地域は2006年まで続いた紛争によって、社会インフラの整備が遅れ、最も貧しい地域とされています。

経済は近年、年率4.5%程度の成長を遂げていますが、1990年代から2000年代初頭の7%の勢いには及んでいません。農業は人口の約7割が従事する主要産業ですが、天候に依存する農法のため、降雨量の増減が生産性や生産量に直接的な影響を及ぼします。また、隣国であり、輸出先2位である南スーダンや、同じく4位であるコンゴ民主共和国などでの紛争による治安悪化も、貿易面から経済状況に悪影響を与えています。

周辺国の治安情勢は輸出先としての影響のみならず、各国からウガンダへの難民・避難民の流入にもつながっており、2016年から3倍近くに増大しています。ウガンダは、難民・避難民の受け入れ国として、世界では3番目、アフリカでは最大で、その数は110万人に及びます。難民・避難民に対する寛容な政策は広く知られており、土地の所有、移動の自由に加え、就労の自由が認められています。一方、周辺国からの難民・避難民の流入は今後も続く見込みで、増え続ける難民への支援、特にその60%超を占める子どもの保護、水や衛生施設(トイレ)・教育へのアクセス、栄養不良、HIV感染者への支援対策など、受け入れコミュニティの支援も含めた包括的な対策が重要となっています。

募金受付口座

※下記口座では、年間を通して募金をお預かりしております。

宮崎銀行 霧島町支店 (普)1176652
口座名 :「FNSチャリティキャンペーン」

※受領書・領収書は、ご希望の方のみにお送りいたします。ご希望の方は、お手数ですが下記FNSチャリティキャンペーン事務局までご連絡ください。

お問合せ

テレビ宮崎 事業部(FNSチャリティキャンペーン事務局)
電話番号:0985-31-5131 (平日10:00~17:30)

関連リンク

FNSチャリティキャンペーン

Top