2004 年入社
宮崎県出身 教育学部卒

CSR推進室 兼
番組審議室

蛯原 武美

どんな部署で
働いているの?

社会貢献活動や社員の心と体の健康管理

CSRとは、「企業の社会的責任」を意味します。
弊社のCSR推進室は、主に社会貢献活動、そして社員の心身の健康管理に取り組んでいます。
具体的には、社会貢献活動であれば毎年3月に開催されるスポーツフェスタがそれにあたります。
また、私は産業カウンセラーの資格を持っていて、産業医などのサポートを受けながら、社内のメンタルヘルスやハラスメント研修などを行なっています。

CSR: Corporate Social Responsibility

現在どんな仕事を
しているの?

従業員の心身の健康増進のための業務
(その他 社報作成、番組審議会事務局)

私の主な業務は、従業員の健康づくりのサポートです。
社員は、定期健康診断、人間ドック、VDT検査などを毎年受けることができ、費用は全て会社が負担しています。また今年は健康経営優良法人の取得を目指していて、従業員の健康づくりに積極的に取り組んでいます。
 また、健診の結果をもとに産業医にチェックしてもらい、産業医からアドバイス等を頂くことをしています。
 今年からは特に「女性の健康作り」にも力を入れており、女性のための健康情報レターなどをイントラにアップし、従業員の意識向上や健康作りに役立ててもらっています。

とある1日のスケジュール

  • 9:00
    出社、メールチェック

  • 9:30
    人間ドックや健診等の予約調整

  • 10:00
    社報チェック

  • 12:00
    昼食

  • 13:00
    安全衛生委員会

  • 14:00
    産業医面談

  • 15:00
    番組審議会準備

  • 17:00
    帰宅

どんな時にやりがいを
感じますか?

従業員の健康が守られていると感じた時

毎年の健康診断等を受診してもらうことにより、健康であることを確認し、または病気の早期発見に繋がることも少なくありません。従業員の皆さんが心身共に健康で仕事に向き合うための大切な業務だと認識していますので、大きなやりがいを感じています。

UMKを選んだ理由

宮崎を元気にできる会社だと思ったから

就職活動の時に、自分が働くことで宮崎を元気にできる会社に入りたいと思っていました。その中でテレビは、笑ったり、泣いたり、身近に感動をもらったり影響を受けやすいという印象があって。色々と受けた会社の中でUMKが一番宮崎に元気を与えられる会社なんじゃないかなと思って入社を決めました。

どんな時にUMKに
就職してよかったと
思いますか?

福利厚生が充実!働きやすく理解を得やすい

福利厚生がしっかりしていることを実感した時ですね。健康診断が受けられたり、リフレッシュ休暇があって年に1回5日間取れたり、UMKだから使える優待券があったりとか。社員のライフスタイルにあった環境が整えられるのが良いですね。私は娘が1人いるんですけど、働きやすい職場です。こどもの急な病気などでも、休みが取りやすく会社の理解を得やすいです。

今後の目標

より専門的な知識を得て従業員の健康増進に努めたいです。

新卒者へのメッセージ

女性は結婚しても出産しても働きやすい職場!

女性の方は特になんですけど、結婚しても出産しても働きやすい職場です。私は娘が保育園に通っているので、勤務時間を9時~17時にさせてもらっているんです。
テレビ局はブラックだというイメージが一部あると思うのですが、全然そんなことはなくて。女性でも安心して来てもらいたいです。それから、私がイベントを担当している中で思うのは、自分の意見や考えが形にしやすい環境だということです。日々やりがいを感じています。