NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

ニュース

宮崎県内のニュース

過去一週間のニュース

2019年06月12日 17時58分更新

カーフェリー造船費用 最大で40億円増額

※動画再生推奨ブラウザ Google chrome

きょうから6月定例県議会の一般質問が始まりました。

県などが出資して立て直しを図った宮崎カーフェリーについて、県は、「新しい船の造船費用が当初の想定より最大で40億円増える」見込みであることを明らかにしました。
宮崎カーフェリーは、去年3月、県などが出資する新会社に事業が引き継がれ、今年中に、新しい船2隻の造船に着手することが決まっています。
この造船費用について、自民党の坂口博美県議の質問に対し、総合政策部の渡邊浩司部長は「資材価格の高騰や廃ガス規制への対応で、当初の想定より最大で40億円増え、170億円から180億円かかる見込みである」と説明。
また、資金調達については、「金融機関からの融資などが検討されるが、必要に応じて、県からの支援も検討する」と述べました。
宮崎カーフェリーの新しい船は、2022年の春に一隻目、秋に2隻目が就航する予定です。

全国のニュース

FNNプライム
FNNビデオPost 天気のサカイ目

Top