ニュース

 宮崎県内のニュース

地域防災支える防災士に認証状交付

地域での防災活動を担います。

災害に備えて地域で活動する防災士の認証状の交付式が宮崎市でありました。
防災士は災害に備えての地域で防災啓発活動を行うほか、災害時には行政と連携して避難所の運営なども行います。
防災士になるには防災士としての研修を受け、資格試験に合格することが必要で、県内では新たに525人が資格を取得しました。
幅広い年齢層の人たちが防災士となり若い高校生の姿もありました。
このあと会場では防災士の活動事例について発表もありました県内の防災士は3100人を超えていて、防災士ネットワークの活動なども紹介されました。

延岡学園高校生が熊本復興支援バザー

熊本地震の復興支援です。

延岡市では高校生のチャリティーバザーが開かれました。
チャリティバザーは延岡市の「道の駅北川はゆま」で開かれ、延岡学園高校調理科の生徒48人が参加しました。
会場にはチーズケーキやチョコタルトなどのスイーツをはじめ、鶏の唐揚げや出汁巻き卵など12品が並べられました。
販売された商品はすべて高校生の手作りでバザーの売上金は材料費を除いた全額が熊本地震の支援金として贈られます。

第43回県高校総体2日目・柔道男女団体戦

県高校総体はきょうが2日目。

KIRISHIMAツワブキ武道館では、柔道男・女の団体戦が行われました。
柔道女子団体の決勝リーグには予選を勝ち抜いた4校が出場、決勝リーグ2勝の宮崎日大は、優勝をかけて鵬翔と対戦、この後、中堅・坪根大将・小野と1本勝ちで4年連続10回目の優勝です。
一方、男子団体も決勝リーグは4校で争われました。
注目は延岡学園!日南振徳・宮崎日大を下し2勝の延岡学園は1勝1敗の都城商業と優勝をかけて対戦。
先鋒は吉野は1本勝ち、次鋒・中堅・副将も1本勝ちで圧勝、延岡学園は3年連続11回目の優勝を飾りました。

シーカヤックマラソン

日南市南郷町ではきょう、シーカヤックマラソン大会が開かれました。

あいにくの雨の中の大会となりましたが、県の内外から96人が参加しました。
選手の中には熊本地震の被災者やパラリンピック出場を目指してる兵庫県の中嶋明子さんの姿もありました。
シーカヤック競技は一人乗りと、二人乗りがあって、それぞれタイムを競います。
出場最年少は宮崎市の2歳の男の子、お父さんのカヤックに乗り込んでの参加です。
参加者はそれぞれの思いをカヤックにのせ、大海原に漕ぎだしていました。

御池青少年の森の陶芸教室

都城市の御池青少年自然の家では陶芸教室が開かれました。

陶芸教室には親子合わせて50人が参加し、まず、粘土の練り方や型作りなどの説明があった後、早速、コーヒーカップや花瓶などを制作しました。
思うような形にならずに悪戦苦闘する親子連れもいましたが、作品は自然乾燥させた後、色付けや釜焼きが行なわれ、来月26日に作品を持ち帰ることになっています。

5月29日の県内ニュース

 全国のニュース

FNNニュースネットワークへ
  • 読込中...