みらいをつくろう

大会コンセプト「みらいをつくろう!」

コンセプトについて

みらいをつくろう!

地域社会に対して責任ある企業としての役割を果たし、持続可能な社会の構築に貢献するため東北被災地域への支援と宮崎の地域経済の発展の支援を推進します。
輝かしい「みらい」を担う子供たちへのエールを「アクサレディスゴルフ」から発信します。

みらいをつくろう!

就学支援チャリティ

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI では東日本大震災で被災した子どもたちの就学支援に役立ててもらう為に、本大会からの寄付金およびチャリティフォトイベントによる募金を被災県に寄贈することを継続します。

【実績】
第1回大会 岩手県 1,029万円
第2回大会 宮城県 1,065万円
第3回大会 福島県 1,083万円
第4回大会 岩手県 1,128万円
第5回大会 宮城県 1,155万円

大会から1000万円/1大会を就学支援金として寄贈

「地産地消」方式の大会運営で地域経済活性化

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIは会場の設営や機材、装飾、輸送関係等をすべて地元企業に参加いただいて行う「地産地消」方式による地元手造りの大会で、地域官民一体となって作る「みんなのゴルフトーナメント」です。また、本大会は県が目指す「スポーツランドみやざき」の発展を推進しています。

ジュニアゴルファーのプロアマ大会招待

被災3県からジュニアゴルファー(各県から順番に大会毎に男女1組2名)と「UMKジュニアゴルフ選手権大会」の中学生の部上位男女1名をプロアマに招待します。
憧れのプロとのラウンド、交流でジュニアゴルファーの「夢」や「希望」を支援します。

宮崎県のトップアマ選手が主催者推薦枠で本選出場

主催者推薦枠を活用して宮崎出身若手プロ並びにジュニアを含むトップアマチュア選手に対して門戸を開き、夢のトーナメントに出場する機会をつくります。
ジュニアの躍進に寄与します。

「アクサ生命PRESENTS UMKスポーツフェスタ」の開催

次世代を担う小学生達にスポーツを通して心豊かに成長して欲しいとの願いと一流の講師陣から技術的な指導を受けることによる競技力向上や他のチームとの交流を深める目的で23回目の開催、毎年15競技約2,700名のスポーツ少年団員が参加します。
アクサ生命様には、2013年3月実施の大会から冠特別協賛をいただいています。

  • アクセス
  • 初めてのゴルフ観戦
  • フォトギャラリー
  • Official Account
  • facebook
  • twitter

ページトップへ