NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 U-doki フォーカス 3週連続警報レベル超え「インフルエンザ」現状と対策(2018年1月20日放送)
U-doki
U-doki:
フォーカス
番組TOPに戻る

2018年01月22日

3週連続警報レベル超え「インフルエンザ」現状と対策(2018年1月20日放送)

今回は、全国で流行が広がっているインフルエンザについて焦点を当てます。
そこで、ちょっと気になるニュースがあるんです。
全国のインフルエンザの感染状況を示したレベルマップをご覧ください。

インフルエンザの感染状況を示したレベルマップ

ご覧のように九州は警報レベルを超える真っ赤な状況になっており、特に宮崎は一つの医療機関からの患者の報告数がなんと全国最多なんです。

今宮崎では非常にインフルエンザが流行しているのです。
この感染リスクが非常に高まっている中、インフルエンザにかからないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

高熱・関節痛と辛い症状をもたらし、時に命をも脅かすインフルエンザ。
県のまとめによりますと、先週県内の医療機関から報告があったインフルエンザの患者の数は3117人で前の週に比べておよそ1.6倍。先月の下旬から3週連続で警報レベルを超えています。
保健所別に見てみると、特に延岡・都城・小林からの報告が多く、高千穂を除く8つの保健所で警報レベルを超え流行が広がっています。

インフルエンザ報告数

県福祉保健部 健康増進課 感染症対策室の永野秀子室長は「流行シーズン入りが11月の初旬で流行警報レベルになったのが12月末なので、昨シーズンより3週間早く警報レベルに達している。」と今年の流行の早さを分析します。今年県内は過去10年でもっとも早い流行シーズン入りとなりましたが、例年ですと1月下旬にピークを迎えます。
感染経路は主に、インフルエンザ患者のせきやくしゃみなどウィルスがついたテーブルやドアノブに触れることで自分の体にウィルスを取り込んでしまうケースが多いそうです。年齢別に見ると10歳未満が全体の半数を占めています。
特に子供と高齢者は重症化すると脳症や肺炎など合併症にも注意が必要です。

永野秀子室長

 

ではインフルエンザにならないためには、どうすれば良いのでしょうか?
・まず自分がせきでウィルスを広げないようにマスクを必ずする。

マスクを着用

・外出から帰ったら必ず手をきれいに石鹸で丁寧な手洗いを心がける。

石鹸で手洗い

・自分の体の中にウィルスを取り込まないようにする。
 ポイントはお部屋の湿度を50~60パーセントに保つことで喉乾燥も防げて、ウィルスを体の中に取り込みにくくなるので加湿器を使うこと。

加湿器

・医療機関によってはまだ予防接種ができることろもあるので、流行シーズンはもう少し続くのでできるだけ予防接種をすること。予防接種は重症化の予防になりますが、免疫が着くまで約2週間かかります。

予防接種の様子

体調がおかしいなと思ったらまず受診をすることが大切です。
インフルエンザは発症して1週間程度はウィルスを排出するので、もしかかってしまったらしばらく家でゆっくり休むことも大切です。
そして何よりも、かかる前から栄養・休養に努めて日頃の免疫力を高めておくことも非常に大事です。

感染力が非常に高いため、集団生活を送る学校などで広がっているインフルエンザ。
現在県によると公立の小中高校で学年閉鎖が6校、学級閉鎖が48校にのぼっています。

インフルエンザは例年だと4月まで流行が続くということです。
まだまだ寒い時期が続きますので、皆さんも十分な栄養と睡眠をとって、まずかからないようにしていきましょう!

情報募集中!

エンタメ情報募集中!

U-doki公式facebook
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン