NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 U-doki ヒューマン No.45カリフォルニア工務店 クリエイティブディレクター岩切剣一郎さん@宮崎市出身(7月29日放送)
U-doki
U-doki:
ヒューマン
番組TOPに戻る

2017年07月31日

No.45カリフォルニア工務店 クリエイティブディレクター岩切剣一郎さん@宮崎市出身(7月29日放送)

今回ご紹介するのは、若い世代を中心におしゃれでスタイリッシュなライフスタイルを提案している宮崎市出身の建築デザイナー岩切剣一郎さんです。今時代が注目している建築デザイナーの岩切さんが故郷宮崎によせる思いとは・・・。

神奈川県茅ヶ崎市。
江ノ島を眺める湘南海岸は、言わずと知れたサーファー達の聖地です。
そこで波を待つある男性の姿がありました。

サーフィンををする岩切さん

「やっぱりこのパーッと開けた海に朝入ると気持ちがいい。それが掛けがのない、人生にとっても豊かなもの。」と話すのは、宮崎市出身の建築デザイナーの岩切剣一郎さんです。

何に対しても真剣で手を抜かないカリスマ性のある岩切さんは、今、建築界注目の存在でもあります。
宮崎で生まれ育ち、建築業界で叩き上げられ25年。たどり着いた理想は、憧れの街「カリフォルニア」でした。

東京都世田谷に本社を構える枻出版社
日本の文化を再確認するDiscover Japanやゴルフ専門誌EVENなど趣味をテーマにした本を数多く発刊し、また出版以外にも映像やイベント、フードビジネスなどの幅広い事業も展開しています。自社の出版と組み合わせることで、読者に豊かなライフスタイルを提案しています。

そんな枻出版社に8 年前に創設された建築デザイン事業部。それが、「カリフォルニア工務店」です。
その名の通り、コンセプトはアメリカの西海岸。ビーチフロントに似合う開放感溢れる住宅をデザインしています。

施工例の一つ

ここでチーフを務めているのが、宮崎市佐土原出身の岩切さんです。

岩切さん

「お客さんからヒアリングをして僕らのフィルターを通してコンセプトを立てて、イメージする家を提案してディレクションしていくのが僕らの仕事だと思っている。」
「今までにない建築設計事務所であり、今までにない住宅のデザインや提案をやっていきたいと思っている。」

施工例の一つ

この家族が何を求めているのかを考えて形にすることが、住む方々の幸せにつながると考えていて、それを大事にしている。」と岩切さんは話します。

こちらは、カリフォルニア工務店が5年前に手がけた「MAR-VISTA GARDEN」です 。どこにでもある普通のアパートを、アメリカンでおしゃれな雰囲気にリノベーションしました。
MAR-VISTA GARDENの秋崎さんも、その岩切さんのセンスと才能に尊敬の眼差しを向けています。

MAR-VISTA GARDEN

 

モノ作りに対するセンスとこだわり。才能の片鱗を見せたのは高校の時でした。

高校時代までを宮崎で過ごした岩切さん。佐土原高校電子機械科に一期生として入学しました。そんな高校時代を岩切さんはこう振り返ります。
「楽しかったけど勉強した記憶があまりない。」
「手書きで図面を描く授業があって、知らないうちに自分の図面がエントリーされていてそれが入賞して初めて全校生徒の前で表彰された。今思えば、自分の頭の中はそういったものを立体的に考えることが得意だったんだなと思う。多分それが今に繋がっているのかなと思う。」

18歳で上京し、製図の専門学校に入学します。卒業後、ゼネコン・設計事務所・デザイン事務所と様々な現場を経験し、建築に関するスキルを身につけていきました。
26歳の時、独学で一級建築士の資格も取得しました。
「学生のころは何のために自分が勉強しているか見えなかったけれど、一級建築士は絶対に必要なものだったので、必然的に勉強した。」

若い頃の岩切さん

そして36歳の時に枻出版社に入社しました。
カリフォルニア工務店の誕生です。

カリフォルニア工務店を立ち上げた時

「どいういうコンセプトでやるのか夜な夜な集まって話し合った末、やっぱり自分たちの好きなものはカリフォルニアにあるよね、という風にカリフォルニアのキーワードが上がってきた。
カリフォルニアのサーフィンやスケート、音楽、ファッション、車やバイクなど様々なカルチャーをミックスさせた住宅作りをずっとしたかったので、俺たちはこれでいこうということでカリフォルニア工務店をスタートさせた。」

立ち上げから8年。3人だったメンバーも9人に増え、住宅や店舗などおよそ年間70件以上もの発注を受けるまでに成長しました。

仕事に対して一切の妥協を許さない一方、メンバーの意見を積極的に取り入れ、みんなが楽しいと思う方に舵をとる。柔軟でクリエイティブな発想は時に建築デザインの枠を飛び越えます。
カリフォルニア発祥のスケーターブランドVANSやデニムブランドLeeなどとコラボして製作したワークウェアはファッションの分野でも話題を呼びました。

コラボ商品

 

思い立ったら迷わず動き出す岩切さんがこの日訪れたのは、老舗の家具屋が立ち並ぶ日本を代表する家具の街、大川。そこにある関家具は30年以上続く歴史ある家具屋です。そんな老舗の家具屋が新たに提案しているのがCRUSH CRASH PROJECT。新しい感覚を取り入れたスタイリッシュな家具を展開しています。
岩切さんは、各地で生産される家具にアンテナを張り、気になる製品は自分の目で見て選びます。
実際に見て聞いて感じることで発想が膨らむから、こういうところに足を運ぶ意味は大きい。」と岩切さんは目をキラキラさせて話します。

関家具の家具

「僕らが提案する住宅や空間はCRUSH CRASH PROJECTのターゲットと近くて、ラップしていると思っている。商品を一緒に作ったり、何か一緒にやりたいと思っている。」
CRUSH CRASH PROJECTの森拓郎さんも「カリフォルニア工務店さんの手がけるような家を建てたいというお客さまが多いので、そういった住宅の中にうちの家具が納まるのは魅力的だしありがたい。」と話します。
直接モノを見て触れて、作り手の声を聞く。現場主義の行動力が新しいプロジェクトへ繋がっていくのです。

宮崎市一ッ葉に新たなビーチコミュニティを作ろうと始まった無料休憩所のリニューアルプロジェクト。
店舗のデザインを依頼されたのがカリフォルニア工務店です。
宮崎の青い空と海に描くハイセンスな空間にカリフオルニアの風が吹きまじめました。

 

「ゆくゆくは地元・宮崎に貢献することが一つのゴール」—-生まれ育った故郷への恩返し。
一ツ葉のビーチバーガーハウスは、岩切さんにとって第一歩なのです。

「一ツ葉だけじゃなく、青島・日南・串間・佐土原・日向・延岡などのコーストラインに色々な拠点を作って、その点と点が線になって宮崎全体が盛り上がってくれたら嬉しい。」

一ツ葉のビーチバーガーハウス

「白いビーチハウスに対してコンセプトカラーであるターコイズを所々に落とし込んでゆく。宮崎で初めてお店をやる実例になるから、カリフォルニア工務店だという認知が広がれば今後分譲やいろんなことがやりやすくなると思う。そういうきっかけになってくれればいいなと思う。」と語ります。

 

7月15日。

 

「来た人がまずこの建物は何だろうと見る。そしてあのデッキに座ってみたいと思う。その先に何があるんだろうと思わせながら、バーンと店内と海が見えてその先にビューのいいデッキが広がる。これにはそんなストーリー仕掛けがあって、この建物がちゃんとそれを演じてくれている。」と
嬉しそうに語ってくれました。

新しく建ったBEACH BURGER HOUSE

BEACH BURGER HOUSE

一ツ葉に吹き始めたカリフォルニアの風。
フォトジェニックに生まれ変わった宮崎の海は、これから多くの人を繋ぐ場所としてシェアされていきます。
「イメージしたようにお客さんが海を見ながら食事をしたりゆったりして、イメージした通りに仕上がったかなと思う。」と話します。

宮崎への貢献の第一歩であるこの場所で、最後に宮崎への想いを語ってもらいました。

「今自分の目標は、宮崎への貢献だったり、宮崎をさらに自慢できる故郷にすること。そこには惜しみなく力を注いでいきたいと思っている。」

情報募集中!

エンタメ情報募集中!

U-doki公式facebook
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top