NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 U-doki 特集 夏バテの気になる予防法 専門家生出演で解説!(2018年8月18放送)
U-doki
U-doki:
特集
番組TOPに戻る

2018年08月20日

夏バテの気になる予防法 専門家生出演で解説!(2018年8月18放送)

8月も半ばが過ぎ暑さもだいぶ和らぎましたが、今年の夏は本当に猛暑が続きました。
気象庁も最大レベルの暑さという呼びかけをし、全国的にも過去最高気温記録を埼玉県で更新しました。
宮崎県内でも猛暑日が続き、熱中症で搬送される方もいました。
まだまだ油断できない今年の暑い夏、みなさんはどんな熱中症対策をしていますか?
水分を多めに摂る、身体の熱を逃すなど様々な対策をしているこの熱中症以外に実はもう一つ、この時期気をつけなければならないことがあります。

夏バテの症状

 

それは夏バテ
暑い日が続き体に疲労が蓄積されている状態の時、食欲不振・不眠・冷え・コリなどの症状を引き起こします。

夏バテになる代表的な原因は、2つあります。

1つ目は、冷房の効いた室内から屋外に出た時の寒暖差に体が順応出来なくなることがあります。
汗をかくことによって体内の塩分とともにビタミンやミネラルが流出してしまうのです。

夏バテになる代表的な原因

 

そしてもう一つの原因。
暑いと清涼飲料水や麺類、アイスクリームなど冷たいものを飲んだり食べたりしたくなりますよね。
しかし清涼飲料水などには多くの糖質が含まれています。
糖質は人間の体に必要な源ですが、糖分を摂取することによって体内のビタミンB1が失われてしまいます。

夏バテになる代表的な原因

そのビタミンB1は豚肉・豆類・レバーなどに多く含まれており、糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素です。
汗と一緒に失われるため夏場に不足しやすくなります。
ただでさえ不足しているビタミンB1は糖質を過剰摂取することによってさらに糖質をエネルギーに変えることができず、疲労物質として体内に留まり疲れやすい体になってしまいます
それにより、夏バテの症状を加速させてしまう可能性があるのです。

ビタミンB1

 

ではここで夏バテになっていないか、チェックをしてみましょう。

  1. 昼食は麺類や菓子パンで済ませることが多い。
  2. 冷たいジュースや炭酸飲料をよく飲んでいる。
  3. 冷房の効いた室内で過ごすことが多い。
  4. 入浴はシャワーだけで済ませることが多い。
  5. 運動をする習慣がない。
  6. 外出先では、階段よりエレベーターを使う。
  7. 汗をかきたくないので水分はあまりとらない。
  8. 肌着を着ずに直接シャツやTシャツを着ている。
  9. 荷物を肩にかけるのはいつも同じ側。
  10. 暑いと火を使わない料理(冷たい食べ物)が多くなる。

夏バテチェック

この10項目中当てはまる数が多いほど夏バテになる可能性があがります。
皆さんはいくつ当てはまりましたか?

スタジオでは瀬良アナは3つ。
チェックが1~3個の場合、夏バテ指数は30パーセント以下です。生活習慣に大きな問題はありません。ただし
チェックがついた項目は改め、軽いうちにケアしていきましょう。

そして永井アナは5つ。
チェックが4~7個の場合、夏バテ指数は30パーセント~70パーセントです。今感じている不調の多くは夏バテが原因
かも知れません。知らず知らずの間に蓄積を解消しましょう。

そして榎木田アナは8つ。
チェックが8~10個の場合、夏バテ指数は70パーセント以上です。冷え・コリ・不眠・食欲不振に体は悲鳴を
あげているはずです。今から生活習慣を改めましょう。

夏バテチェックの結果

 

結果がわかったところで、この予防法を勉強していきましょう!
今回夏バテ予防法について教えていただくのは、宮崎県立看護大学の江藤敏治医師です。

夏バテとは体温を一定に保つ自律神経の乱れからの体調不良(全身のだるさ・下痢・便秘・胃腸障害・頭痛など)をさします。
特に高齢者場合は脱水症状から一気に症状が悪くなることもあり危険です。

夏バテ予防7ケ条

  • その1:まだまだ暑い!帽子・日傘は大切!
    →熱中症を予防することで夏バテを予防することが大切です。
  • その2:夜更かしは厳禁!しっかり睡眠
    →寝ることが副交感神経を活性化させ自律神経を整えるのでとても大切です。
  • その3:しっかりお風呂に浸かりましょう。
    →お風呂は体を温めてリラックスすることで血流をよくすることが大切です。
  • その4:清涼飲料水は飲み過ぎない
    →糖分を摂取することによって、糖をエネルギーに変えるビタミンB1が失われてしまうので過剰摂取はしないこと。
  • その5:エアコンは外気マイナス5度までに!
    →外気温が33度なら室内は27度以上に設定すること。寒暖差の影響で体に大きな負担がかかってしまいます。
  • その6:3度の食事をバランス良く食べましょう。
    →タンパク質(肉・卵・魚など)/ビタミン(野菜・果物など)/ミネラル(牛乳・海藻など)をバランス良く摂りましょう。
  • その7:夏バテ改善食材を利用しよう。
    ビタミンB1豆腐・豚肉・レバー・うなぎ・ごまなど)は糖質をエネルギーに変えるのに極めて大切な食材です。
    そしてビタミンCブロッコリー・トマト・イモ類・イチゴなど)は免疫力を上げてくれます。
    硫化アリルにんにく・玉ねぎ・ニラ・ネギ)はビタミンB1の活性化に役立ちます。
    クエン酸お酢・レモン・梅干し)は代謝の活性化に役立ちます。

夏バテ改善メニューとして、豆腐のサラダ・豚の生姜焼き・餃子・魚のあんかけ・レバニラ炒め・ゴーヤチャンプル・夏野菜のスープなど、特別な料理を意識するのでは無くバランスが良く食材の組み合わせを工夫したものがオススメです。

夏バテ予防7ケ条

しかしやはりこの時期よく食べるのは、素麺ですよね。
作るのも食べるのも手軽な素麺ですが、実は炭水化物の塊なので素麺だけでは栄養のバランスを崩してしまいます。
そこでU-dokiがオススメするのは「夏バテ改善スペシャル素麺」です。
茹でた素麺に、ビタミンB1が豊富な豚しゃぶ肉とゴマが乗せてあり、ブロッコリーとトマトでビタミンCも補えます。
さらにビタミンB1の活性化に役立つ硫化アリルが豊富なネギと、代謝をアップさせる梅干しも薬味として入っていますよ。

夏バテ改善スペシャル素麺

 

夏バテが続くと体力が低下して精神的不調にも繋がり、様々な病気を引き起こすことがあります。
これからの時期は更に疲れも溜まりやすくなるので、夏バテ予防と対策を心がけて元気に楽しく夏を過ごしましょう!

情報募集中!

エンタメ情報募集中!

U-doki公式facebook
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン