NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 U-doki 特集 シーズン到来 花粉症対策(2019年2月16日放送)
U-doki
U-doki:
特集
番組TOPに戻る

2019年02月18日

シーズン到来 花粉症対策(2019年2月16日放送)

いよいよ花粉シーズンが到来!
快適な春を過ごすためにみなさんはどんな対策をしていますか?

実は多くの人が悩まされているこの花粉症は、今花粉症ではない人も今後発症する可能性があります。
そこで今回は花粉症とセルフケアについて考えていきたいと思います。

今年の花粉の傾向を気象予報士の酒井さんに聞いてみると、なんと今年は花粉の量が去年の2倍!
去年は記録的な猛暑の影響で雄花の発育条件がよく飛散量が少なかったため、去年に比べると今年は症状が辛くなる方が多くなるというわけです。
宮崎ではスギが2月下旬から3月上旬。その後、ヒノキが3月下旬から4月上旬とまさにこれからピークを迎えます。

気象予報士の酒井さん:花粉飛散ピーク予想

特に花粉が飛びやすい条件は「晴れて気温の高い日」「風が強い日」「雨が降った次の日」です。
気温が高いお昼前後、そして夕方日没後になると舞い上がった花粉が落ちてくるため注意が必要です。
ウェザーニュースの花粉チャンネルでは毎日花粉情報を発信しています。花粉症対策に参考にしてみてください。
(ウェザーニュース 花粉CH https://weathernews.jp/s/pollen/

花粉が飛びやすい条件

 

そもそも花粉症とは?
つぼい耳鼻咽喉科の坪井院長に教えていただきました。
一般に言われている花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で花粉が原因です。
人間はもともと外から入ってくるものに対して自分を守ろうとする力があります。
花粉は人間に直接害はないけれど、身体の中にそれを排除しようとするIgE抗体が作られ沢山溜まってくると過敏に反応する状態になります。
これがアレルギーの状態ということになります。
この状態になると花粉が少しでも入った時にそれを排除しようとして鼻水やくしゃみで飛ばしたり、鼻を詰まらせ中に侵入しないようにと身体の防御反応が過敏な状態になります。これがいわゆる花粉症の症状となるわけです。

花粉症の仕組み

今花粉症ではない人も要注意!?
花粉に暴露される度にIgE抗体が産生されて年々増えていき溜まってしまい、ある日急に花粉症として症状が出ることがあります。
スギの花粉症は特に30~40代が発症のピークで、10~20代には花粉症ではなかったという人も突然発症することがあます。

症状がで始めたら?
まずは本当に花粉症なのか近くの耳鼻咽喉科などを受診しましょう。
最終的にはラスト検査というものを行います。
これは血液検査でIgE抗体を調べ、アレルギー反応が何に対して陽性なのかを見る検査です。
症状や所見、総合的な判断で花粉症という診断がくだります。

ラスト検査の様子

花粉症と診断されたら?
一般的には抗アレルギー材と言われるお薬が使われます。
抗アレルギー材は現在たくさんの種類があり、症状に応じて医師が処方してくれるお薬でまずは症状を軽くするというのが一般的な治療法です。
目薬や点鼻薬も良いとされています。

抗アレルギー材

 

根本的な治療法は?
舌下免疫療法というのがあり、スギ花粉のエキスを毎日舌の下に投与という治療です。
スギ花粉をあえて体内に入れることで過敏から鈍感な状態になり、新たに花粉が入ってもあまり反応しなくなるという治療です。
しかしこの治療はスギ花粉が多い時期は服用できません
つぼい耳鼻咽喉科では100人以上の人がこの治療をしていますが、約3年間毎日投与しなければならないため患者さんの負担が少し大変ということです。

舌下免疫療法

 

花粉症は花粉が鼻に入ることから起こるので、花粉の侵入を防ぐセルフケアが大切です。
暮らしの中でできる花粉のブロックとセルフケアをご紹介します。

  • 十分な睡眠をとる
    睡眠不足により免疫やホルモンのバランスが乱れ症状悪化の原因になります。
  • 窓全開で換気はしない
    窓を開けるのは10cm程度にしましょう。そしてレースのカーテンで入ってくる 花粉の少なくしましょう。
  • 空気清浄機を使用する
  • 拭き掃除をする
    床に落ちた花粉が舞い上がらないように拭き掃除がオススメです。

セルフケアの方法

  • 無防備な格好で外出をしない
    隙間のないようしっかりフィットさせてマスクを着用し、花粉がなるべく目に入らないようにコンタクトレンズよりもメガネがオススメです。
    またウール素材は花粉が付着しやすいのでポリエステルや綿などツルツルした素材の方が良いです。

外出時の服装の注意

  • 目をディスプレイに近づけて作業
    花粉シーズンは目にも疲れが蓄積しがちなので目とディスプレイの距離は50cmほど離し、1時間くらい作業したら15分の休憩をするようにしましょう。
  • 帰宅後すぐに家の中に入らない
    部屋の外で花粉をしっかり払い落としてから家の中に入りましょう。
  • 家に入ったら手洗い・うがいをする
    手やのどについた花粉を洗い流しましょう。帰宅後、部屋着に着替えるのも効果的です。
  • 過度な飲酒はしない
    鼻づまりなどの症状が悪化することもあるので過度な飲酒は控えましょう。

セルフケアの方法

この他にも花粉対策として目には点眼薬、そして鼻には生理食塩水で鼻うがいが効果的です。
この時目や鼻を傷つけてしまうので水道水では行わないようにしてください
そして花粉症の症状の中には目や鼻だけではなく、花粉皮膚炎という症状もあります。
花粉が肌に付着することで顔にかゆみや赤み、湿疹が出るアレルギー反応です。
花粉を避け、保湿のためのスキンケアで保護してあげるのが良いです。

また日常の中で手軽に取り入れられるものとして、花粉症に良いと言われているお茶「べにふうき」があります。
べにふうきはメチル化カテキンが多く含まれ、花粉症などアレルギー症状に効果が期待されています。お茶なら毎日続けられそうですね。

べにふうきの紹介

花粉情報のチェックや薬の処方、そしてセルフケアで花粉をブロックして快適な春を迎えてください。

情報募集中!

エンタメ情報募集中!

U-doki公式facebook
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン