NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 高橋巨典 幸せを少し 夏野菜・きゅうり

高橋巨典

幸せを少し

夏野菜・きゅうり 2017年08月17日

夏は、きゅうりが大活躍です。
冷たく冷やして、冷たい酢の物に、冷たい麺の具材に、などなど。
軽やかな歯ごたえ、清涼感のある香り、爽やかな味、やっぱり夏が似合います。

ところで、きゅうりは、いろいろな作家の作品の中に登場していて驚かされます。

★太宰治・女生徒より
「きゅうりの青さから夏が来る。五月のきゅうりの青味には、
 胸がカラッポになるような、うずくような、くすぐったいような悲しさが在る」。

★村上春樹・ノルウェイの森より
「僕は洗面所で三本のキウリを洗った。
 そして皿に醤油を少し入れ、キウリに海苔を巻き、醤油をつけてぽりぽりと食べた。
「うまいですよ」と僕は言った。「シンプルで、新鮮で、生命の香りがします。
 いいキウリですね。キウイなんかよりずっとまともな食い物です」

★アニメ・ガールズパンッアーの登場人物・ダージリン曰く
「サンドイッチはね、パンよりも中のきゅうりが一番おいしいの。挟まれた方がいい味だすのよ」

 きゅうりがなぜこんなに取り上げられるのかわかりませんが、
 魅力ある野菜の一つであることは間違いないのかもしれません。
 今夜も、ポリポリしたいと思います。

アーカイブス

一覧を見る

Top