NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 高橋巨典 幸せを少し 椎葉の宝「旅の宿」

高橋巨典

幸せを少し

椎葉の宝「旅の宿」 2014年09月12日

「お宝」と呼ばれるものには、受け継いできたものと、新たに創り出すものがあると思います。

どちらが、価値があるのかは、それぞれのお宝で意見が分かれるでしょうが、

平家落人の里・椎葉村にあったものは、まさに受け継いできたお宝でした。

風格ある築130年の民家は、あの鶴富屋敷の流れを感じます。

しかも、このお宝を民宿として(別荘感覚で)利用できるという、素晴らしきお宝体験が味わえるのです。

広い部屋にゴロリと横になり、高い天井を眺めるだけで、何とも言えぬ良い気分です。

部屋の調度品に目をやると、いきなり、昭和30~40年代に連れていかれます。

縁側で読書もよいでしょう。五右衛門風呂も沸かしてみますか。

降り注ぐような満点の星に、にぎやかな虫の声、遠くに聞こえるせせらぎ。

尚、素泊まり専用ですから、自炊となります。道具は一式揃っています。

囲炉裏で肴をあぶるのもよいでしょう。酒がすすみ過ぎるかもしれません。御注意ください。

一人じゃ寂しいかもしれませんが、自分自身とじっくり対峙できるチャンスかもしれません。

民宿の名は「上村(うえむら)」。詳しくは、明日のじゃがサタで。

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン