NOW ON AIR !

番組表
幸せを少し

日本語 2014年08月18日

当たり前の話ですが、私たちアナウンサーは、しゃべりや読みで生計を立てています。

ですから、日々の番組やニュースなどで正しい日本語を使うよう、使えるよう、日々勉強と訓練をしております。

そんな中、おかしな日本語を耳にする機会が、年々多くなっているように思います。(加齢のせいも?)

例えば、「ら抜き言葉」。 食べれる✖  食べられる 

「ら」があると、発音しにくい、面倒くさい、からでしょうか?

続いて、なにげに✖ 何気なく

これはタレントさんが流行らせた、若者言葉のようです

さぁ、そしてそして、飲食店でよく耳にする変な日本語が、、、

「コーヒーの方で良かったですか?」 「カツカレーになります。」 そう共に✖ですよね。

ところが、じゃがサタのロケでお邪魔した日向市のケーキ屋さんの厨房で、こんな張り紙を発見!

そうです!その通りなのです!! これぞ、「凡事徹底」。御立派です。

こんな素敵なお店のお菓子は、きっと美味でしょう。

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top