NOW ON AIR !

番組表
幸せを少し

土佐寿司 2014年04月23日

友人宅で花見の宴が開かれた今月上旬。

お皿の上に美味しそうなお寿司がありました。

一見、巻き寿司かなと思ったら、海苔ではなく昆布で巻いてあるではありませんか。

そして、寿司めしに具はなく、みじん切りのショウガとゴマが少々。

質素な巻き寿司だな(失礼!)と思いつつ、パクリ。

おうっ!旨い!!

シンプルな酢飯の旨味に昆布の旨味が加わって、何と申しましょうか、、、

潔い美味しさとでも言いましょうか、つつましくも、しっかりとした美味しさなのです。

名前は「土佐寿司」で、友人の御先祖様は、高知県からの移住者ということでした。

「土佐寿司」を検索すると、「高知県独自の文化のひとつが、この田舎寿司の世界。

巻き寿司から姿寿司、握り、押し寿司まで 海・山・川の幸を使った、ものすごい数の寿司が存在する」とのこと。

なるほど、高知出身の御先祖様が伝えた味が今も受け継がれていたんですね。

最近は宮崎でも、西都市の「いろどりさいと寿司」という、カラフルな野菜のお寿司が登場してますが、

高知のようにもっともっといろいろなお寿司があると楽しいかも知れません。

なにせ「レタス巻き」という素晴らしいオリジナルのお寿司を生んだ宮崎ですから。

アーカイブス

一覧を見る

Top