NOW ON AIR !

番組表
幸せを少し

進歩 2013年10月07日

U-dokiの取材で、東京府中市の榊原記念病院を訪れました。

心臓や血管などの循環器専門で小児心臓の手術数日本一を誇る病院です。

その病院のロビーに面白いものがありました。「植物工場」です。

土を使わずに、液肥(水に肥料を混ぜたもの)とLEDの光で野菜を育てます。

これが、この病院の新しいプロジェクトだというのです。何の為に!?

一つ目は、患者さんへの栄養補給。やはり、新鮮野菜の栄養素が術後の回復を助けるということです。

二つ目の理由は「雇用」です。

心臓病を患った患者さんは、退院後もなかなか職に就けない状況があるそうです。

そんな方々をこの植物工場で雇用しようという考えです。

普通の農業よりも軽作業ですみ、病院の近くですので安心して働くことができます。

また、家にこもりがちな状況からの解放が期待できます。

今や、病院は患者さんのことを「入院から退院まで」の短期ではなく、

もっともっと、長期にわたってケアすることを考えているようです。

素晴らしい医療現場のイノベーション・革新だと感じた次第です。

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top