NOW ON AIR !

番組表
幸せを少し

企む 2013年06月12日

 企む(たくらむ)とは、広辞苑によりますと、、、

「くわだてる、計画する、特に(悪事を)くわだてる」とあります。

今回紹介する話は、ショッカーが掲げる地球征服のような悪い計画ではありません。

 先だって、読み聞かせで、日南市の鵜戸小中学校を訪れました。

ここでは、中学生(7年生から9年生)が、小学生(1年生から6年生)に読み聞かせを行っているのです。

先輩が後輩の為に「読んで聞かせて差し上げる」ことは、

中学生にとってコミュニケーション能力の向上につながる、とても大切なことだと私は思います。

さて、読み聞かせの授業が終わり、学校の廊下の隅に目をやると、、、、

そこには、たくさんのサーフボード! まるでサーフショップのように。

鵜戸小中学校では、体育の授業にサーフィンを取り入れています。

校長先生曰く、「おそらく日本では、鵜戸小中学校だけではないか」とのことでした。

そして、次の瞬間、校長先生の口から飛び出した言葉が、

「鵜戸地区ハワイ化計画」。 何と大胆な企みでしょうか!?

いや、確かに、鵜戸小中学校のある日南市宮浦地区界隈は、海が、砂浜が、山が、

とても美しく輝いています。そんな海のとりこになって県外から移住してきた方も多いと聞きました。

 人々は、ジョギングをするようにサーフィンを行い、新鮮なシーフードや、

その土地のフルーツ(宮浦ポンカンなど)や野菜など、スローフードを食す毎日ではないでしょうか。

更に、山あいから流れてくるのは鳥たちの調べ、、、時間もゆったりと流れていそうです。

そんなリゾートには、宮崎市内から車で1時間弱で行けます。

今年の夏は「鵜戸ハワイ」で思い切り遊びたいものです。

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン