NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 高橋巨典 幸せを少し 苦しさは、想像以上に、タ・ッ・プ・リ!

高橋巨典

幸せを少し

苦しさは、想像以上に、タ・ッ・プ・リ! 2012年11月05日

11月4日(日)に高原町で行われた「霧島登山マラソン」。

ゴールは高千穂の峰頂上、約1200メートルの標高差をひたすら上り続ける過酷なレース!

であることは、わかっていましたが、想像以上でした。

皇子原公園をスタートして、いきなりの登り坂が約5、5キロ続きます。

「心臓が口から飛び出しそうになる」。この表現がよ~くわかりました。

そして林道から登山道へと入ります。これまた急こう配続きで、木の根や岩を踏みしめて登ります。

標高1000メートル付近から霧が出てきました。どうやら、山頂は雲の中です。

結局、優勝ランナーの倍以上の時間を費やし、2時間19分でゴール。

へろへろ、ヘトヘト、バテバテ、疲労に関するすべての形容詞が似合う男になりました。

しかし、想像以上の苦しみが、想像以上の達成感に変化した瞬間でもありました。

レースの後は、高原町内の温泉に入って、懇親会へ。

この懇親会が霧島登山マラソンの名物で、参加ランナーに大好評なのです。

参加ランナーがもらったチケットで、うどん・ご飯・豚汁・焼肉(宮崎牛・鶏・豚・灰干しの鹿肉)・

ビール・焼酎・お茶と引き換え。とにかく豪華!尚且つ、スタッフの手作りで、とっても美味でした。

とっても厳しいレースの一方で、とっても温かい高原町の皆さんのおもてなし、

実にメリハリのある大会でした!

そして、このレースを支えた陸上自衛隊の皆さん、お世話になりました!!

この模様は、今週のU-dokiで放送します。是非ご覧ください。

アーカイブス

一覧を見る

Top