NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 高橋巨典 幸せを少し 宮城~福島(2)

高橋巨典

幸せを少し

宮城~福島(2) 2012年03月15日

延岡市と兄弟都市の関係にあるのが、福島県いわき市。福島県の南部にある海沿いの市です。
いわき市の震度は6弱、震度4~6弱の激しい揺れが約3分間も続いたといいいます。
沿岸部には日本の海水浴場百選のビーチもあり、夏場は多くの人でにぎわうエリアでしたが、津波の大きな被害を受けました。
海沿いの豊間中学校は津波被害で閉鎖中。校庭は、圧倒される程の、がれきの山でした。

いわき市と言えば、スパリゾート・ハワイアンズ。古くは常磐ハワイアンセンターと呼ばれていました。
実は、いわき市はかつては炭鉱の町で、石炭の採掘に伴い噴出した温泉水を利用してリゾートを作ったという歴史があります。
今回の震災では、いわき市の地下に縦横無尽に走っている、炭田の坑道が崩れ、その上にある、田畑などが陥没を起こすという被害が100ヵ所以上も報告されていました。震災は、脆弱な所に顕著な被害を及ぼすということです。
そして、いわき市の山間部、田人町では、一か月後の4.11にも、震度6弱の直下型地震に襲われています。
東日本大震災の後、大きな地震の発生が予想されていなかった断層が動いて直下型の地震を引き起こしたといいます。

その断層から、たった数メートル離れたところに、1軒の大衆食堂がありました。
取材をしていると、食堂のおかみさんが写真を手に説明をしてくれました。夕方に、突然、突き上げるような激しい振動に襲われたそうです。
おかみさんの知り合いのお宅は、ちょうど断層の上に立っていた為、ドーンと突き上げられた途端に、家は真っ二つに壊れたそうです。
東日本大震災のように、海溝プレートで起こる地震とは違った恐怖を感じた次第です。

この食堂も被害を受け、半壊と認定されましたが、修理を行いながら営業を再開しています。店の中に入ると、作業着を着た人達で大賑わいでした。田人町で復興工事を担当している建設業のみなさんです。眺めていると、旺盛な食欲に圧倒される一方、頼もしさも感じた次第です。
人気だったのは、ソースかつ丼。皆さんはこれを食べて、午後の仕事に向かっていました。

アーカイブス

一覧を見る

Top