番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

子育て応援施設 都城市「ぷれぴか」(2018年8月1日放送)

2018年08月02日

きょうは都城市にこの春オープンしたばかりの「ぷれぴか」です。

ぷれぴか

4月にオープンした、都城市子育て世代活動支援センター「ぷれぴか」は、中心市街地にできた複合施設「まるまる」の中にあります。
子育て支援センターとプレイルームなどが一緒になっていて、平日でも多くの親子でにぎわっています。

ぷれぴかの説明

英語で「いないいないばあ」を「プレイ ピカブー」っていうみたいで、そこから、親子で一緒に楽しんでいただける雰囲気をということで、「ぷれぴか」という名前がつきました。
登録をすれば都城市以外に住んでいる人も無料で利用することができます。
未就学児のみが利用できるスペースは、木をふんだんに使ったつくりになっています。
お家でなかなかこんなにたくさんの木のおもちゃをそろえることはできないから楽しみにしてますとおっしゃっています。

ぷれぴかの案内

小学3年生までが利用できるプレイルームは体を思い切り動かせる遊具が充実しています。
時間制限はありますが、もちろん無料で利用できます。
吹き抜けが気持ちいい「おひさまテラス」では心地よい風を感じながら自由に遊ぶことができます。

【利用者の声】

  • 園に行ってないからすごく助かります。
    遊び場としてこさせてもらっています。
    来られる方とおしゃべりとかもできるので私自身のストレス発散になります。
  • うちは男の子だけなので、おままごとの遊びとかできないから、こういうところで家と違った遊びができるのが楽しそうです。

スタッフは、ほとんどが保育士

さらに子育て支援センターのスタッフは、ほとんどが保育士などの資格を持ち、子育て経験のある先輩ママです。
このため利用者からの相談や質問にも応えてくれます。

【スタッフ】
離乳食がなかなかなんですーとか、おばあちゃんに聞くお悩み相談みたいな感じで、話を聞いたりわかる範囲でお伝えしています。

一時預かりサービス有

親子体操教室やこれからママになる人のためのマタニティー教室など、イベントが満載!
早めに予約で埋まってしまうものも多く人気です。
都城市に住む人を対象にした一時預かりのサービスも実施しています。

永山さん

お家でお子さんと二人きりで、悶々としていらっしゃる方は来ていただけると、ほかのお母さんたちとの交流もできたりしますので、そういう場になってくれたらと思います。

お問合せ

こどもたちの遊び場としてはもちろん、お父さん、お母さんが笑顔で子育てをするための場所として、ぜひ訪れてみてください。

■お問合せ
都城市子育て世代活動支援センター「ぷれぴか」
都城市中町(Mallmall内複合施設3階)
TEL:0986-36-5858
休館日:毎週木曜日、毎月第3金曜 など

■取材にお邪魔したのは平日の午前中でしたが多くの親子でにぎわっていました。
■テラスのウッドデッキで飲食ができるので、お弁当を持ってきて一日センターを楽しむという親子も多いそうです。