番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

年末防犯対策「ひったくり」への対策(12月5日放送)

2017年12月06日

年末の防犯特集、きょうは、「ひったくり」についてです。

ひったくりに遭ったら

ひったくりに遭ったら、まず大声で叫んでください

Q:そのあとは、すぐに追いかけるべきですか?
A:いいえ、二次被害の危険性もあるので、追いかけたりせずに、まずは、大声で叫んで助けを求めてください。

連続して何件も起きる傾向がある

ひったくりは1件発生すると、連続して何件も起きる傾向があります。
これから年末にかけて、特に注意が必要です。
被害者は、圧倒的に女性と高齢者が多く、バイクや自転車で後ろから近づき、カバンやバッグを持ち去るケースがほとんどです。

ねらわれやすいのは

ねらわれやすいのは、

  • 銀行やコンビニでお金を引き出した後。
  • また、携帯電話で話している時。
    スマートフォンに夢中になっている時。
  • そして、飲みに行った帰り、酔っている時。

忘年会シーズンですから、気をつけてほしいですね。

被害に遭わないためには

被害に遭わないためには、

  • バッグは抱えて持ったり、斜めがけにする。
  • 車道と反対側にして持つ。
  • 携帯電話で話しながらや、イヤホンで音楽を聴きながら歩かない。
  • 自転車の前かごには、ひったくり防止カバーをつける。

気をつけたいのは

さらに気をつけたいのは、

  • なるべく一人では歩かないようにする。
  • 歩道と車道の間にガードレールがあるところを歩く。
  • 人通りが多く、車道と歩道が別になった歩道を歩く。

これらのことを 普段から意識しておきたいですね。

普段から意識しておきたい事

後ろからスクーターや自転車などが近づいた時は、振り返るなどして、常に警戒心を持つことが大切です。
もし事件に遭遇した時は、コンビニやスーパーに駆け込むなど、助けを求めて速やかに110番通報してください。
バイクの色や犯人の格好もよく見ておき、可能であればナンバーもメモしておきましょう。

犯人の特徴

犯人は、ナンバープレートが見えないように隠していたり、折っていたりすることが多いです。
それも重要な情報となりますので、110番通報するか最寄の警察署に連絡してください。

110番通報

まさか自分が被害者に・・・ということがないように、ひったくりに遭わないためのちょっとした心がけを、忘れないようにしたいですね。