番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

台風への備え 全国統一防災模試「台風・豪雨編」(2018年9月6日放送)

2018年09月07日

今週のテーマは「台風への備え」。
台風は私達にとって身近な災害のひとつですが、はたしてどのくらい理解できているでしょうか?
スマートフォンを使ってチェックしてみませんか?

全国統一防災模試:台風・豪雨編

災害への備えを確認し、役立つ知識を身に付けてもらおうと、ヤフーが企画した「全国統一防災模試」。
3月には地震をテーマに実施しましたが、今回登場したのは「台風・豪雨編」です。
「東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔准教授 監修」

気象予報士の酒井さんも挑戦

今回は台風・豪雨編ということですので、気象予報士の酒井さんにも挑戦していただきます。

酒井さん、自信はありますか?

はい。もちろんです。
気象予報士の名にかけて全問正解したいと思います。

問題は全部で25問です。

問題:1

Q1:台風の進行方向が変わらない場合、より強風が吹くであろう地域を選びなさい。

最初から難問ですが・・・
酒井さんにとっては専門分野ですね。

問題:11

Q11:室内に浸水してきている。
家の1階にいる場合どこへ避難するべきか選びなさい。

最寄りの避難所、2階、車。
さて、あなたならどこへ避難しますか?

正解は2階

正解は2階です。
浸水が進んでいる場合、屋外へ出るとかえって危険な場合があります。
状況や体力に応じて避難の方法を考える事が大切です。

このほかにもさまざまな被害状況を想定した、いざという時に役立つ実践的な問題が出題されます。

問題:22

Q22:水道が復旧。
最初に水を流してはいけない場所は?
1:洗面所 2:トイレ 3:台所

正解はトイレ

正解は2番、トイレです。
なぜ流してはいけないかわかりますか?
正解と共に詳しい解説も表示されるので、納得しながら正しい知識を身につけることができます。
解答にかかった時間は点数に反映しますが、解説を読んでいる時間は除外されるのでゆっくり読みましょう。

では、結果を見てみましょう。

結果

酒井さん:私は75点の防災優等生と出ました。
点数のほか、自分の防災タイプや傾向が分かるようになっています。

中田:私は48点の防災ガンマンと出ました。とても難しかったです。
知っているつもりになっているだけなんだなということがよくわかりました。

酒井さん:そうですね。こんな風に事前にシミュレーションすることができると、実際に台風が接近・上陸した際には防災の役に立つと思います。

アプリをダウンロードしてみよう

インターネットで「防災模試」と検索し「Yahoo! JAPAN」アプリをダウンロードしてみましょう。
家族や友人と一緒に体験し、災害への備えを今一度、確認しておきたいものです。