UMKスーパーニュース

台風一過の夕焼け

2018年10月09日

先週から新たな試みとして、天気に関する疑問を募集しています。

さっそく昨日は、告知から1番早く届いた疑問を紹介させてもらいました。

 

台風(24号)が去った後の夕焼けがいつもよりキレイだったのはなぜですか、という疑問なのですが、いつものようなオレンジ色ではなく、ピンクがかった夕焼けだったようです。

 

では、どうして夕焼けの色が変わるのかというと、私たちが見ている太陽の光(可視光線)の性質によるものなんです。

光を分解すると、主に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色に分かれます。

また、色によって波長が異なっていて、青や紫色は波長が短く、オレンジや赤色は波長が長くなっています。

 

太陽の光は大気の中を通って地上に届くのですが、昼間は真上から届くので、大気を通る距離が短くなっています。

このため、波長の短い青い光がよく散乱されて青空になります。

 

一方、夕方になると太陽の光は真横から入るため、長い距離を通ることになります。

すると、波長の長いオレンジ色の光が届くんです。

そして、疑問にもあった、台風が過ぎ去ったあとの空ですが、大気中には水蒸気が残っているため、オレンジの光も進みにくくなります。

オレンジよりも波長の長い赤い光だけが届くため、赤やピンクの夕焼けになるんです。

 

条件によっては、こんな鮮やかなピンクになることもあるようです。

https://weathernews.jp/s/topics/201807/130215/

 

台風一過の夕方だけでなく、「雨のち晴れ」の予報が出ているときは夕焼けに注目すると、いつもとは違う色の夕焼けに会えるかもしれませんね。

 

 

天気に関する疑問などはこちらから

E-mail: umknews@umk.co.jp

Fax: 0985-31-5702

 

 

情報募集中

身近な話題から、事件、事故まで皆様の情報をお待ちしています!

電話:0985-31-5333
FAX:0985-31-5702

情報投稿へ
みやざきふるさと中継 お天気ブログ