NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2020年07月15日 19時30分

患者搬送器具「アイソレーター」搭載の救急車を導入へ 宮崎市 新型コロナ対策

新型コロナウイルスへの備えです。
患者を搬送する救急隊員の感染を防ぐため、アイソレーター装置を搭載した救急車が宮崎市に導入されことになりました。

新型コロナウイルス感染患者の医療機関への移送については保健所が対応していますが、緊急性が高い場合や患者数が急増した場合は消防局も対応することになっています。
新たに導入される救急車は隊員や家族など同乗者の感染防止が目的で、宮崎市消防局に導入される予定です。

救急車にはアイソレーター装置を搭載、このアイソレーターは患者搬送用のカプセルで、患者からの飛沫感染を防ぐため内側の圧力が低くなっていて、カプセル内の空気はフィルターを通して排気されます。

宮崎市は、救急車1台とアイソレーター2台の導入を計画しています。

7月14日(火)

7月13日(月)

Top