NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2020年02月29日 18時40分

【新型コロナ】木材輸出にも影 中国企業が宮崎県産木材の出荷延期を要請

新型コロナウイルスの影響が、木材の輸出にも及んでいます。宮崎県産木材の最大の輸出先である中国から出荷延期の要請があり、宮崎県は、長期化による木材価格の下落を懸念しています。

宮崎県産木材の輸出先は中国が7割を占め、2018年度の輸出額は、30億1500万円に上ると推計されています。

中国では、新型コロナウイルスの発生以降、国内の移動が制限され、経済活動が低迷しています。このため主な受け入れ先である上海近郊の港は、これまでに輸入した木材で満杯となっており、中国の取引先からは、出荷を延期するよう要請がきているということです。

宮崎県では、長期化による木材価格の下落を懸念していて、状況を注視していきたいとしています。

Top