NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2019年08月15日 08時20分

台風10号 宮崎県は暴風域抜ける(15日午前8時推定)

大型の台風10号は15日午前8時には足摺岬の西南西を1時間に約20キロの速さで北へ進んでいると推定されています。

宮崎県内は風速25メートル以上の暴風域を抜けましたが、海上では非常に強い風が吹き、大しけが続く見込みです。台風周辺のやや発達した雨雲が流れ込み、15日朝まで、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。また、引き続き落雷及び竜巻などの激しい突風のおそれもあります。
年間でも潮位が高い時期となるため、海岸や河口付近の低地では高潮のおそれがあります。

降り始めから15日7時までの総降水量は、日南市深瀬で261ミリ、美郷町神門で159ミリ、都城市菖蒲原町144.5ミリ

今後の予想降水量は、いずれも多いところで1時間に50ミリ、24時間で150ミリとなっています。引き続き土砂災害への厳重な警戒と、高波や暴風、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

Top