会社概要

番組審議会

第392回 平成16年11月24日

期日 平成16年11月24日(水)
場所 株式会社テレビ宮崎 会議室
議題 「命 その先に・・・~交通社会の現実」
放送日 10月6日(水)午後3時59分~4時29分

議事の概要

  • イラクの事など多く報道がされているように、一人の人間の死が軽く見られている現在、一人の死を無駄にしてはいけないということをきちんと描ききっていた。
  • このような番組は、いつ加害者になるか、被害者になるか分からない。という気持ちを視聴者に感じてもらい、私達が日頃行っている運転が、紙一重で事故に繋がるということをもっと伝えた方が、交通安全キャンペーンになるのではないかと思った。
  • オープニングからずっと引き込まれて見てしまう番組で、キャンペーンと報道の両面が非常に良く伝わってきた。
  • 交通社会の中に、交通ルールがあるということを加えた方が良かったのではないかと思った。家族の話が非常に良かったし心に残ったが、交通ルールをきちんと説明すればより説得力があり、訴える力のある番組になったのではないかと感じた。
  • 誰に対して訴えたかったのかというところが、曖昧だったと感じた。キャンペーンというのは、そのような事故を起こしそうな人に、強烈なインパクトを与えた方が効果があると思った。
  • 加害者が、その後どのような結果になったのか、交通ルールを守らないということがどんなに重大な結果になるか、ということも加えた方が良かったのではないか。
  • 前半と後半があまりにも分かれすぎており、2つの番組を見た印象がある。もっとリンクさせて視聴者に交通安全を考えさせて欲しかった。番組の中で警察官の方が非常に良いことをおっしゃっており、このような言葉を引用して最後に締めてもらえば良かったかなと思った。
  • どうして事件や事故がなくならないのかと考えた時に、このような番組を繰り返し目にする事があれば、気持ちの片隅に気を付けなければとの思いが芽生えてくるのではないかと思う。こういう番組は非常に大切だと感じた。
  • 交通教室やそのような場所の待合室、又は公共的なスペースでこの番組を流して、活用してもらいたいと感じた。このような良い番組なので、もっと活用していただくと嬉しいと思った。